家庭菜園は初心者でも簡単にできる?【オヤジの野菜生活ブログ】

家庭菜園は初心者でも簡単にできる?【オヤジの野菜生活ブログ】

家庭菜園を初心者ですがベランダプランターから始めてみました。節約のために家庭菜園は簡単にできるものなのか検証しています。

記事一覧

キュウリの子づるはどこまで伸ばす?【伸ばしすぎると親づるに負担が…】

今年もキュウリ苗を植えました。
昨年初めてキュウリを育てたんだけど、見事に大量収穫できましたよ。本当は収穫するたびに写真をパシャパシャ撮って記事にしようとしてたんだけど、これがなかなか仕事しているとできなくてお蔵入りしてました(;’∀’)

IMG_1559

本当は昨年こんなに毎日収穫してたんですけどね…
ナスやホウレンソウ、ピーマン、トマトなど。
まぁそれは置いといて。。。(^-^;

キュウリを育てるときに注意しなければならないのは、土の乾燥と子づるの管理です。
土の乾燥のほうは水をあげたときに泥が跳ねて葉につくと病気になるので、僕は敷きわらをしてます。
キュウリは病気になるとあっという間に葉が白くカビてきますよ!それがだんだんと上の方に感染していって実も小さくなるようです。真面目に泥はねは用心したほうがいいようですよ。

IMG_1543

さて敷きわらですが、、
雑草も生えてこないし、寒さ対策にもなるし、最後には畑に漉き込めば肥料にもなるし便利です。ホームセンターで300円くらいで買えます。
これで真夏の乾燥も防げます。キュウリは根が地表浅く広がるので乾燥に弱いようなので敷きわらで乾燥防止したほうが良いですね。僕も昨年、ちゃんと敷きわらしたら、ボンボン大きいキュウリができてカミさんに「もうキュウリ攻撃勘弁してよ」って言われましたからね(;’∀’)
夏の最後には親戚にキュウリを譲ったり、直接みそをつけて食べたりしました。結局1苗から100個くらい収穫できましたよ。初めてにしては上出来でしょ?

で、子づるですが(トマトやナスだと脇芽のこと)あまり伸ばしすぎると親づるに負担がかかって上に伸びてきません。ちょうどよいところでカットしなければならないのですが、、、
この説明がちょっとめんどくさい( 一一)

でも、僕も覚えておかないとダメなので写真に撮りました。

子づるはどこから伸ばし始めるか

ちょっときゅうりって特殊ですね、育てるのに。
本を読まないとちゃんと育てることできないと思いましたもん。
まず子づる(脇芽)は本葉の5枚目まではすべて摘み取ること!

IMG_15311

いちおう写真を撮ったんだけど分かりますか?
よく分かる!と言ってください(^-^;

ご覧のように5枚目の葉の脇芽まではすべて容赦なく摘み取ること(赤の矢印)
6枚目の葉から出た脇芽(水色の矢印)は伸ばす。

なんで5枚目までなのかは分からないけど、きゅうりになった時に地面につかないためなのかなぁ~よくわからないけどさ。
6枚目の葉のところから出てきた脇芽からは伸ばし始めます(これが子づるになります)

で、この子づるだけど
放置するとどんどん伸びてきます。キュウリの成長って早いのでちょっと管理しないだけで雑草のように伸びますよ。
この子づるも毎日チェックして葉が2枚付いた先で敵芯するのが基本のようです。

”葉が2枚付いた先で敵芯”

分かりますか???

IMG_15322

6番が親づるの本葉で、その子づるから出た2枚目までの葉の次の枝でカットです(3番)

分かりますか?
子づるをちょうどよいところで敵芯することで親づるの成長を妨げないようにします。そうするとグングン親づるが上に伸びてさらに子づるもたくさん出てきますからね。
ちなみに親づるの本葉は25枚目が限界のようですよ。それ以上親づるを伸ばしても実が大きくならないようです。

見えづらいかもしれないのでもう一枚写真を撮ってみました。

IMG_2186450

親づる(赤の矢印)の本葉から出た子づるの2枚目の葉の先で敵芯です。
分かりますかね??(十分納得したといってください)

IMG_2188

これが摘心した写真です。わかりますかね?

このように子づるは放置してはだめです。キュウリの実が大きくなりませんからね。
この子づるは毎日チェックしないと親づるなのか子づるなのか、よく見ないと分からないくらいに大きくなるので注意したほうがいいですよ。
この法則を守るとキュウリは1苗で大収穫になります。夏場はきゅうりレシピでウンザリってことになります!(^^)!

親づるを敵芯

IMG_2217

2.1mの支柱の高さを親づるが超えたのでその先を摘心して上への成長を止めました。
2.1mの支柱を土に刺しているので正確には1.8mくらいの高さだとおもうけどね。
近所の家庭菜園している庭をランニングしながら観察してますけど、家の二階まで伸ばそうと頑張っている人も見ますが、あんなに高くキュウリの親づるを伸ばしても実がならないと思います。たぶんグリーンカーテンのつもりでやっているんだと思うけどね( 一一)

確かにせっかくグングン成長しているのに摘心するのってもったいないような気もします。けど摘心して子づるに栄養を与えたほうが実が大きくなると思います。上のほうにまで栄養ってなかなか行き渡らないのでは?
きゅうりの実をよく観察してみると上より下の実のほうが太くて長くて色が濃いです。
そして花が咲いて実になって収穫するまで速攻です。だから味もシャリシャリして新鮮です。

親づるの葉が25枚に成長したら親づるを摘心するか、立てた支柱の高さを超えてくるようなら摘心して、子づるから伸びる実をたくさん収穫したほうが良いと思います。キュウリって収穫始めてからだいたい一か月で寿命です(それ以上たってから収穫しても味が落ちる)
だったら栄養が早く行き渡る下のほうの子づるから収穫がベストかな~って僕は考えています。

まとめ

キュウリは乾燥と子づる管理で決まる。
さらにいうと、苗を植え付けるときは寒さに弱いのでビニールで囲って敷きわらすると、元気にグングン育ちますよ!
ビニール囲いは一週間くらいで取ってもいいです。敷きわらは収穫が終わるまで取らないこと。

 

大根の収穫【意外に簡単に大きく収穫できるものです】

すっかりブログ更新するのもままならず、今になって更新しています( ;∀;)
だから実際に大根を収穫したのは2015年の12月前です。
順調に育っている状況もちゃんと写真にとっておいたんだけど更新する暇もなかったので、まとめて今投稿しています。なかなかね~仕事しているとブログ投稿をまめにって難しい…と言い訳はこのくらいにして写真だけはまめに撮っていたのでこれから時間が空いた時にまとめて過去の収穫を投稿していこうと思います。

さて大根ですが、種からなんとか収穫までできましたよ。

IMG_1955

収穫前の状態をパチリ。本当はね~もっと写真を撮っているんだけどキリがないのでこれくらいに(^-^;

IMG_1956

自分が育てたダイコンを引っこ抜く!初めての体験。子供の頃に読んだ「おおきなかぶ」のシーンを思い出す。
意外に簡単にスコーンと抜けるものです。

IMG_1958

太さは6cmくらい。ちなみに大根の葉はモンシロチョウの幼虫に食べられてしまうので芽が出てきたらすぐに寒冷紗とかで囲ったほうがいいですよ。すぐにモンシロチョウが葉っぱに卵を産んでしまうので( ;∀;)
僕の大根の葉も穴だらけになっていたので「なんだ?」と思って念入りに葉の裏とかチェックしたらモンシロチョウの幼虫(青虫)がいっぱいいました。

葉を食べられると太陽の光で栄養獲れないので大根が太りませんし、成長が遅くなります。双葉の芽が出てきたら、すぐに囲ったほうがいいです。

IMG_1959

長さは40cmくらいになりました。

IMG_1960

土をキレイに流すとこんなに色白です。大根は秋冬には鍋物にも漬物にも重宝しましたよ。甘くておいしかった。漬物はジップロックに浅漬けの元と鷹の爪、生姜をみじん切りにしてちょっとだけモミモミして3時間もすれば美味しく漬けることができますよ。非常に簡単にできます。あとはほとんど鍋物に使いました。

自分で育てて収穫したからなのか、とても美味しかった初めての大根収穫でした♪今年も秋には種を植える予定です。ただ大根は3株くらいでイイかな。それよりも白菜のほうが必要になりますねー鍋には。
まとめてザックリ投稿してしまった、、、申し訳ありませんm(__)m

 

大根の育て方【間引きと追肥しました】

1つのくぼみに5つタネ植えてからちゃんと5つ芽が出てきましたよ!
嬉しいものですね。芽が出てくるって(^-^)

IMG_1793

こうやってみるとタネによって成長具合が違いますね。
双葉も左右対称に育たないで、いびつに育っているものもあります。
写真には撮ってないけど全部の種を植え付けた穴からちゃんと芽が出てきました(^O^)/

双葉が出たら、かわいそうだけど5つの芽のうち、成長が弱い芽を2つ間引きします。
そして3つの苗にします。

IMG_1795

なんかもったいないけどね、間引きって…でも間引きしないと大きくならないからね~
しょうがないよ。
[br num=”1″]

追肥

芽が出てから10日くらいで本葉が2~3枚になりました。
ここでまた育ちの悪い苗を間引いて苗を2つにします。

IMG_1811

ということで、この時点で化成肥料をちょこっと苗の周りに1回目の追肥しました。
[br num=”1″] 本葉が5枚になったら最後の間引きをして一番元気な苗1本にします。
ここで2回目の追肥しました。
失敗したのはもう寒いから大丈夫だろうと思って防虫ネットをかけなかったこと。だからモンシロチョウに卵を産み付けられて青虫がたくさん葉を食べていました( ;∀;)
なんか葉っぱに穴が開いてきているなぁ~と思って葉の裏をチェックしたら、見えるか見えないかくらいに小さい青虫がたくさんいました。

すぐに防虫スプレーをかけて退治したけど、これでかなり大根の成長が遅れましたね。やっぱりガッツリと寒くなるまで防虫ネットはかけたほうがいいですね。来年の課題だ!

あ!それと追肥は2週間に一回の割合でやります。
[br num=”1″]

2か月後

種を植えてから2か月経ちました。
3回目の追肥を終えました。全体で見るとこんな感じで成長しています♪
ちなみに畑の上の畝にあるのは大根と同時期に苗から植えた白菜です。
白菜も順調に育っているでしょ?

IMG_1927

土からちょっとずつ大根が出てきています。

IMG_1926

見えますか?
左側の大根とか白く見えています…ちょっと見えづらいので、またパシャリと撮ってみました(^.^)

IMG_1925

どうですか?順調に育っているでしょう?
うれしいですね~初めてだけどこんなにできるなんてさ。
本には土の上に出ている部分の太さが6~7cmになったら収穫時期って書いてあるけど、それって細すぎませんかね。

どれ、僕のは今現在どのくらいの太さになっているか測定してみましょう!

IMG_1930

んん~まだ4cm弱だね(-_-;)
まだまだだなぁ、あと倍ぐらい太くならないとダメだな。
収穫時期が遅れると大根にスが入るというからその辺は注意しないとね。
[br num=”1″][br num=”1″]

白菜の育て方・秋に苗を畑に植えました【まずは害虫対策だ】

秋野菜といえば白菜がポンと頭に浮かびますよね?
秋=鍋=白菜って方程式です(^.^)

ちゃんと白菜を育てる場所はキープしています。1坪家庭菜園の南側の畝全部に苗を植える計画です。画像の右側の畝です。

IMG_1765

苗を植える前に深くまで鍬で耕して化成肥料をまいて一週間置いてから完熟牛糞堆肥を混ぜ込みましたよ。そして白菜の苗をホームセンターで買ってきました。
確か値段は1苗150円くらいだったと思います。

白菜の苗って、ちょうど旬な時期だったのですごい数が販売されていて良い苗を選ぶのに一苦労でした(+_+)
数多く販売されている中で一番大きくて元気の良さそうな苗を4つ買いました。
[br num=”1″]

苗を植えてみた。

で、早速苗を植えました。結構行動が早いのだ。

IMG_1768

苗の間隔は40cmにしましたよ。
こうやってみると間隔広すぎるように感じるけど白菜ってかなり横にも広がって大きくなるようなので最低でも40cmは開けたほうがいいみたいですよ。ギチギチの感覚で植えちゃうと大きく育たないかもしれません。
そして害虫対策として「ベジタブルトンネルセット」なる商品を買ってきました。

IMG_1767

苗を植えたとたんにモンシロチョウが何匹も周りを飛んできたので僕の高速の蹴りで追い払って急いでネットをかけました!白菜の臭いでもするのか、もしくは苗を色で判断しているのか、すごい勢いでモンシロチョウが寄ってきますね、何だろこれ(-_-;)
しかも近くをしつこく飛び回っているし。

モンシロチョウって今まで何とも思わないで暮らしてきたけど、白菜を育てるとなれば腹が立つくらいの存在ですね。卵を産み付けようとしつこく飛び回っています。けりを入れてもすぐに方向転換して飛んできます。

IMG_1770

へへへ、、これでモンシロチョウも近寄れまい(^O^)/
完璧だ。

この防虫ネットにはキラキラテープが巻きこんでるようでこのキラキラを嫌って虫は近くに来ないって説明書には書いてあったけど普通にモンシロチョウとか近くまで飛んできますね…大丈夫だろうか。。。
でも苗には卵は産めないだろう、フフフフ
ざまあみろ、人間様の勝利だよ(*^^)v
[br num=”1″][br num=”1″]