記事一覧

ミニトマトのプランター栽培 ※仮支柱と水やりの仕方

ミニトマトのプランター栽培 ※仮支柱と水やりの仕方

ミニトマト(キャロルパッション)のポット苗を買ってきてプランターを買うまでの3日間玄関脇の日の当たるところに置いてたんですが、発育早いです。
すでに脇芽がグングン伸びてきます。

5.05 (2)

脇芽は他の葉に栄養を取られるので伸びてきたら都度手で摘み取ると本に書いてあったので早速摘み取りました。

ちなみにハサミで脇芽をカットするとハサミに付いている菌が苗に侵入してよくないようですよ。摘み取るときは指でポキっと折りましょう。
爪でやるのも菌が入るのでNGだそうです。

あとはなるべく天気の良い時に摘み取ったほうが良いそうです。
摘み取ったところが日にあたって乾いたほうが菌が入らないですもんね。
自然消毒みたいなものです。

すでに購入した時よりこんなに大きくなっています(´ε`;)

ミニトマト5.078t

これは早くプランターを買ってこないと!!

ということで急いでプランターを買ってきて、植え付けました。

5.072t

こうやって写真で見るとプランターの真ん中に植え付けていないように見えますが、きちんとど真ん中に植え付けてますよ!

風で茎が折れないようにということと根がしっかりと土に馴染むまで仮支柱を立てたほうが良いようです。
僕の場合は購入した時にすでに割り箸で支えていたようですが・・・

なんか割り箸だと見栄えが良くないけど、仮支柱を買ってこなかったのでとりあえず小屋にあったプラスチックの棒でごまかしました(´Д`ι)
まさに仮支柱です。。。

5.07t

苗に対して斜めに仮支柱して麻ひもやビニールタイで緩く茎と結びます。
風で茎が折れなければいいだけですから、ゆるくですよ。

ポット苗を植えつけたあとは、プランターの底から水が出てくるくらいにタップリと水やりします。
鉢の周りから円を描くように優しくゆっくりと水やりします。

普段の水やりも土が乾いて白くなったら底から水が出るくらい、タップリとあげます。時間は朝の10時までにあげましょう。
天気の良い昼ころに水やりするとプランター内で熱湯になって蒸しちゃいます。
絶対によくないですよね・・・

なんで底から水が出るくらいあげるのかというと、土の活性化のためです。
土の中にある古い肥料や酸素を洗い流して外に排出するためですね。

底から出てくる水は茶色くていかに持って感じのが出てきますよ。

あ!そういえばプランターを直に地面に置くと真夏は熱が直接プランターに伝わってくると食物が弱るのでレンガとかの上に置いたほうが良いと書いてました。

Evernote Snapshot 20140520 145738

また、ナメクジとかゲジゲジ、ダンゴムシの休憩所になるので直に置かないほうがいいですよ(; ̄Д ̄)
[br num=”1″]

仮支柱を交換

とりあえずの仮支柱を本物の仮支柱と交換しました。
1本150円とか安いんですねーびっくりしました。

雰囲気のある竹の仮支柱もあったんですが、年数経つと腐ったり折れたりするかもしれないのでよくあるやつにしました。

長さ75センチの買ってきたのでプランターの底にガツッと突き刺さるほど深くさせるので、グラつかず安定感あります。

5.08t

グングン育って欲しいですね~
仮支柱の高さまで育ったら今度は本支柱にしなきゃ!
[br num=”1″][br num=”1″]

鉢底石ならネット入りが便利 ※楽に再利用できるし安いよ。

鉢底石ならネット入りが便利 ※楽に再利用できるし安いよ。

僕は今までガーデニングというかちょっとした花を植えたりカミさんとしていましたが、鉢底石って本当は軽石を使用するんですけど、適当に砂利とか入れてました(爆)

わざわざホームセンターまで買いに行くのもめんどくさかったし、プランターの土が外に流れ出さなければそれでいいと思っていたのです。

でもやっぱり軽石のほうが空気を多く取り込める分、植物の根腐れを起こしにくいようですね。
確かに庭に転がっているような普通の石じゃあ、硬いし表面つるつるしていて空気を取り込めるとかの問題じゃないです。だから排水性も悪いですよね(-д-;)

どうりでマリーゴールドとか植えても元気がよいのは最初だけであとは枯れていくのが早かったんですね。。

家庭菜園の本を読んでいまさらそんなことに気付くなんてバカですね。
ということでホームセンターで鉢底石を購入しようとしたんですが、おすすめの物を発見しました!

5.07 (4)

ネット入りの鉢底石です。
ネット入りならプランターを交換するときや植替えの時、土の入れ替えのときも土と鉢底石を選別する手間が無いです♪あの選別って結構時間かかりますし。
しかもネットごと洗えば何度でも使い回しできます(*゜O゜*)♪

プランターにはこのように入れます。
プランターの底の大きさによって入れる量を調整します。
このプランターには2袋入れましたよ。

5.077t

値段は1袋500円くらいだったと思います。1袋にネット入り鉢底石が5個入っています。
かなり使えるのでお試しを・・・




[br num=”1″][br num=”1″]

ミニトマト(キャロルパッション)の苗を買ってきました。

ミニトマト(キャロルパッション)の苗を買ってきました。

ゴールデンウィークにミニトマトの苗を買ってきました。
キャロルパッションという品種です。

5.079t

ちょうどショッピングセンター内で産直ショップを見つけて、たくさん苗を店頭に並べてました。カミさんがトイレに行っている間、暇だったので苗をしゃがんで見ていたらなんかものすごく家庭菜園をしたくなってきたんです。

値段も安いし、最近野菜類も値段高くなってきたし家で作れたら最高だべ♪
ということで本気モードでどの苗を買おうか迷っていました。

「元気な苗ってどれだべ?背の高いやつかなぁ」

見た目どれも同じに見えて迷いまくっていたらカミさんがトイレから帰ってきて、家庭菜園の本見れば書いてると思うよとのこと・・・・
すぐさま本屋まで行って”上手な苗の選び方”を読んでからその通りのポット苗を買いました(*´ω`*)
[br num=”1″]

キャロルパッションとは?

その産直の店でも
”甘くて美味しいミニトマト・キャロルパッション”
って大々的に宣伝していました。
トマトの写真もあったのでつい立ち止まる人も多かったですね。
うまい宣伝ですね。。

ミニトマト

気になったので調べてみたらキャロルパッションって食味の良いミニトマトとして人気のようです。

酸味と甘味のバランスが良くて糖度も普通のトマトより高いです。
そして皮が薄くて果肉が厚いのでサラダにも適しているのだそうです。皮が薄いので口の中に残りにくく食感がよく色も濃い赤色で写真のようにテリがあるのも特色です。
実の収穫量も多いので人気なんだって。楽しみです(*´ -`)

また葉かび病や斑点病の病気にかかりにくい品種で虫もつきにくいという嬉しいことが書いていました(´∀`)
虫がつきにくいのは最重要ポイントですね。虫苦手なんで・・・

接木苗(つぎきなえ)だったら、なお良かったんでしょうが、購入時は接ぎ木のことなんか分からなかったので良しとしましょう。

まずは家庭菜園初心者なので手探り状態で勉強しながら育ててみます。
次はプランターを買ってこないと ε=ε=(;´Д`)
[br num=”1″][br num=”1″]

ポット苗の植え方【本を見ながら真似してみたよ】

ポット苗の植え方【本を見ながら真似してみたよ】

僕は家庭菜園はほんまモンのド素人なので買ってきた家庭菜園の本を見ながら、書いてあることをそのまま真似してやってみました。
わからないならプロの真似をするのが一番ですからね^^

まずはホームセンターに行ってこれがあれば十分でしょうってものを適当に買ってきました。

道具

これだけで3000円近くかかりましたね (^-^;)
ビール買おうと思ってたので、あまりの出費にびっくりしました。発泡酒はなんとか買えたので良かったけどね。。

ホームセンターの後に100円ショップに行ったら、ハサミとか麻ひもとか支柱とか100円で売ってるのね(*゚∀゚)
細々としたものなら100円ショップで購入したほうが安上がりだと勉強しました。これからは100円ショップを使わせていただきます。。

ハサミなんかホームセンターでは800円だったのに100円ショップではもちろん100円でした(‘ jj ’)
[br num=”1″] さてそれでは早速植え付け準備をしましょう!
プランターの底の穴の上に鉢底ネットを置いてから、鉢底石を敷きます。
鉢底ネットを置かないと底穴からナメクジとかムカデがプランターの中に入り込んでくるので置いたほうがいいです。

5.077t

次にプランターに土を8分目まで入れます。

5.076t

ただ土を入れるだけです。手で押し固めたりしないように。
8分目まで入れても水をかけるとちょっと沈み込みますのでちょうどよいくらいになります。

そうしたら中央にポット苗が入るくらいの穴を開けます。

5.075t

深さはポット苗より若干浅めのほうが良いと思います(浅植え)
深すぎると周りの土よりポット苗が低くなって水が溜まりやすくなり、根が腐りやすくなります(根腐れ)
また、水分が大好きな病気の元になりますよ~

ちょうどよいくらいに穴を開けたらその中にタップリ穴いっぱいに水を入れます。

5.074t

穴の中の水が完全に引くのを待ってからポット苗を植え付けます。

5.073t

ポット苗を取り出すときは株元を人差し指と中指の間にはさみ、根鉢を崩さないように優しく取り出して穴に置きます。

あとは苗の株元の土を手のひらで軽く押さえて土をなじませて終了です♪

最後にプランターの底から水が溢れ出すくらいにタップリと水やりします。
ジョウロとかで優しくプランターのフチ周りから苗の方に円を描くようにかけましょう。
やさしくゆっくりですよ。

ポット苗の植え方でした。

ご苦労さまです_(_^_)_